TOSHIBA・dynabook R731/E HDDからSSDへクローン作製・換装 岡崎市のお客様の修理事例


本日は、岡崎市からお越しのお客様からのご依頼です。
PC堂です。修理ブログをご覧頂きありがとうございます。

TOSHIBA・dynabook R731/Eのノートパソコンが、起動が遅く、動作が重いので改善して欲しい。との事でご来店いただきました。
ご記入いただいた用紙をもとに、スタッフがお客様とパソコンの症状を確認しながら、お悩みをヒアリングし修正内容を決めていきます。
SSDへの換装をご提案したところ、今のパソコンにあるデータをそのままコピー出来ないかと相談されましたので、
HDDからSSDへクローン作製を行い換装のご提案をさせて頂きました。
ご提案にご了承頂きましたので、クローン作製+SSD換装を行います。

クローン作製とは、現在のストレージに入っている全てのデータを、新しい別のストレージへ複製を作成するという事になります。
ストレージが故障している場合はクローン作製は不可になりますが、
現状HDDを使用しておりデータはそのまま移動させSSDに交換したいというお客様にオススメしております。
クローン作製にはSSDの容量がHDDの容量(使用容量)と同等もしくは、それ以上の必要があります。
容量は今までと同等くらいでいいとの事でした。250GBのHDDが搭載されておりましたので256GBのSSDへクローン作製します。


クローン作製したSSDへ換装します。

今回は、HDDからSSDに換装する事により、起動や動作がサクサク動くようになり
ストレスなく使用出来る状態になりました。
見違えるように速くなったと大変喜んで頂きました。

液晶割れやメモリ、ストレージ交換、様々な修理を当店では熟練したスタッフが作業を行っております!
修理やトラブルのご相談、パソコンの購入に関するお悩み事や買い替えで迷ってる等、どんなことでもPC堂へご気軽にご相談ください!
スタッフ一同心よりお待ちしております!

友だち追加

PC堂公式LINEからでもお問い合わせ頂けます。 ※お得な情報もございます!
お問い合わせ

Contactお問い合わせ

PC堂へのお問い合わせ、
各種サービスのご依頼は専用のお問い合わせフォームより
受け付けております。

お問い合わせ