DELL・LATITUBE E5520 ノートパソコンのCMOS電池交換事例(豊田市)


今回は、【豊田市】のお客様からのご依頼です。
PC堂をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

DELL・LATITUBE E5520のパソコンが、起動しようとするとエラーメッセージが出て起動できない。との事で修理依頼のご相談をいただきました。
検証した結果、BIOSに入ると日時がリセットされていた為、CMOS電池切れと判断し、電池交換の修理を承りました。
CMOS電池とは、パソコンの設定情報BIOS/UEFIを保持する重要な役割を持っています。
マザーボードについているボタン電池になります。パソコンの時刻を維持する役割もあるので
電池切れが起きると、時刻が狂ったり、OSが起動出来なくなる事が起こります。


裏蓋を外し、CMOS電池を交換します。


電池の寿命は、3年~4年が目安とされています。
CMOS電池を新品へ交換し、正常に起動する状態へなりまだまだ長くお使いいただける状態へとなりました。
当店では豊富な品揃えにより、少しでも費用を抑えたい場合は中古のパーツでご対応することが可能となりました。


液晶割れやメモリ、ストレージ交換も当店では熟練したスタッフが作業を行います。
修理やトラブルのご相談、
どんなことでもPC堂へご相談ください!

友だち追加
お問い合わせ

Contactお問い合わせ

PC堂へのお問い合わせ、
各種サービスのご依頼は専用のお問い合わせフォームより
受け付けております。

お問い合わせ