OSとは?わかりやすく解説します!

『OSってなに?』

Operating System(オペレーティングシステム)の略で、OS(オーエス)と呼びます。
役割として、パソコンと、アプリやソフトを動かすためのシステムだと思っていただければ大丈夫です。
具体的には、ウイルスソフトを動かしたり、zoomを行ったり、
エクセルやワードを操作するためのソフトウェアとなっているため、
「基本ソフトウェア」と呼ばれることもあります。


『どんな種類があるの?』

一般的に知名度のあるものは
・Windows(ウィンドウズ)
・MacOS(マックオーエス)

この2つは聞いたことがある人も多いでしょう。
上記2つ以外にも、
・Unix(ユニックス)
・Linux(リナックス)
・BSD(ビーエスディー)
・Solaris(ソラリス)
・Tron(トロン)

などがあります。
この辺りになると聞いた事すらない方も多いのではないでしょうか?

また、スマートフォンやタブレット等には
・iOS(アイオーエス)
・android(アンドロイド)
・chromeOS(クロームオーエス)

などもありますね!

一つ一つ説明をするととても長くなってしまうので、
”こんなものがあるんだなぁ。”  程度に知っておいても良いかもしれません。


『WindowsとMacOSの違いは?』

OSの中で良くある質問。

“MacとWindowsどっちがいいの??”

これは永遠のテーマかもしれませんね。。

先ず、特徴として

・Windows
Microsoft(マイクロソフト)社が開発しているOSです。
パソコン本体は様々なメーカーが開発を行い、そのパソコンを使うためにはWindowsのOSが入っています。
そのため、どのメーカーのパソコンを使っても同じ操作方法で動かすことが可能となっています。
最近ではsurface(サーフェス)などはMicrosoftが発売しており、当店でもとても人気の商品です!




・MacOS
Apple社が開発しているOSです。
Microsoftとの大きな違いはパソコン本体自体もAppleが開発をしている。という点でしょうか。
OSと本体が同じメーカーというだけあって、感覚での操作性はMacに軍配が上がりそうですね。




『どっちがいいの?』

シェア率として、Windowsは世界でも8割以上利用者がおり、Macは1割強といったところでしょうか?
Macがとても目立つイメージかもしれませんので、人によっては意外に思われるかもしれません。

一昔前は、
”Macでなければ使いたいアプリがない”また逆に、
”Windowsにしかアプリが対応していない”なんてこともあったことでしょう。
しかし最近ではどちらにも対応したシステムがとても多くなり、文字化けしたりファイルが開けなかったり。という事もかなり減ってきました。
それでも多くの職場ではWindowsを利用していますので、相手方はWindowsが多いです。
メールのやり取りやデータを送る際にも稀に不具合が起こることがあります。
その場合の対処方法を自分で模索して解決することが必要です。
また、何か新しいソフトを入れようと思った際にはネットに落ちている情報は圧倒的にWindowsのが多いでしょう。
これらのことを考慮するとWindowsを選んだ方がトラブルは少ないかと思います。

どっちがいいの?という質問は本当に多い質問なのですが、


要は、、、、好みですね!^^



『どうやって確認するの?』


・Windows編
「Windowsマーク」を右クリック→
「エクスプローラー(E)」をクリック→
左のバーの「PC」を右クリック→
「プロパティ(R)」をクリック→
「Windowsの仕様」部分の「エディション」で確認することが出来ます。




・Mac編
左上の「アップルマーク」を押す→
「このMacについて」を押す→
お問い合わせ

Contactお問い合わせ

PC堂へのお問い合わせ、
各種サービスのご依頼は専用のお問い合わせフォームより
受け付けております。

お問い合わせ