MacとWindowsの違いは?OSの違いをパソコンショップPC堂が解説いたします!



『OSの違いは?』

OS(オーエス)とはOperating System(オペレーティングシステム)の略です。
OSの詳細については「こちら」で解説しております。



・Windows(ウィンドウズ)

Microsoft(マイクロソフト)社の開発しているOSです。
最近ではsurfaceなども有名ですが、基本的にはOSの開発を行いパソコン自体はさまざまなメーカーが開発し、
メーカー製のパソコンの中にインストールされていることが多いです。

1995年:Windows 95がリリースされました。
このWindows95が世界的に大ヒットし、ネット時代へと突入しました。

2001年:Windows XPがリリースされ再度世界中で広まり、XPに関してはあらゆるソフト開発も進み、
20年以上経ち令和の時代になった今でもXPにしか対応していないソフトがあるため企業で利用されております。

2009年:Windows7がリリースされ、これもまた大幅なバージョンアップにより多くの人たちに愛されたOSとなります。
この辺りは今でも利用されている方もいるのではないでしょうか?
※2020年にサポートが終了しているため、買い替えの検討をおすすめします。

2015年:Windows10がリリースされ、
Microsoft社はこれ以上新しいOSを出さないと言われるほど世界中で普及されました。

2021年:Windows11がリリース、これが最新のOSです。
新たにGalaxy(ギャラクシー)に対応したOSです。デザインも大きく変わり、スマートフォンとの連動性も格段に向上しました。

Windowsの特徴として、リリースされて間も無いOSはバグが多いと言われ、2022年3月現状ではまだ完全移行するのは早いかも知れませんね。
多くのユーザーが利用し、ユーザーからのバグ報告を受けて手直しをする感じでしょうか。
今現在では対応しているアプリも少ないため、リリース後1年〜ほど経過してからWindows11への対応を検討するくらいが丁度良いでしょう。


 
・MacOS(マックオーエス)

Apple社の開発しているOSです。
MacBook、MacBook Pro、MacBook Airなどに搭載されており、パソコン自体もAppleが開発しており、
Apple以外のメーカーが出しているパソコンはありません。

1999年:Mac OS Serverとして、初代Mac OSがリリースされました。
この辺りのものを知っている人はかなりコアかも知れませんね!
1~2年に1度のペースで新しいOSがどんどんリリースされてきます。

2002年:Mac OS X v10.2 Jaguar(ジャガー)がリリース、
ここからのOSは「ネコ科の動物」が名称として付くようになります。※2012年まで

2003年:Panther(パンサー)
2004年:Tiger(タイガー)
2006年:Leopard(レオパルド)
2009年:Snow Leopard(スノー レオパルド)
2010年:Lion(ライオン)
2012年:Mountain Lion(マウンテン ライオン)
2013年:Mavericks(マーベリックス)


ここからは「カリフォルニア州の地名」が名称として付くようになります。

2014年:Yosemite(ヨセミテ)
2015年:El Capitan(エルキャピタン)
2016年:Sierra(シエラ)
2017年:High Sierra(ハイシエラ)
2018年:Mojave(モハベ)
2019年:Catalina(カタリナ)
2020年:Big Sur(ビッグサー)
2021年:Monterey(モントレー)
※2022年3月現在、Montereyが最新となっております。

Mac OSは大きな不具合等の報告も少なく、不具合があれば随時バージョンアップしていくイメージですね!
そのため新しいOSがリリースされる度にバージョンを上げても問題ないと思います。



『デザインは?』



Windowsは先ほどの説明の通り、あらゆるメーカーからパソコンが開発されているため、とても豊富なデザインがあります。
Macは洗練されたデザイン。無駄のないデザインが特徴でしょうか。
スタイリッシュさを追求されているだけあり、”持っているだけでかっこいい!”
と思われる方も多いのでは?

  

『ソフトやアプリの互換性は?』



Windowsは圧倒的なシャア率を全世界で持っています。
パソコンといえば?と言われた場合に多くの人がWindowsと答えるのもその所以でしょう。
そのため、あらゆるソフトやアプリはWindowsのが圧倒的に多いです。
また、使いたいと思ったソフトの情報なども豊富にネットで調べられることが特徴です。
その点、Macはアプリやソフトの数がWindowsと比べると少なく、Windowsであれば無料で使えるソフトが有料であったりする場合があります。
また、互換性のないソフトも存在するため、自分がMacを使っていて、相手がWindowsを利用しているとファイルが開けなかったりバグを起こす可能性もあります。
仕事で利用する場合はWindowsを使っていた方が確実製はありそうですね。



『操作性の違いは?』

デスクトップはもちろんですが、ノートパソコンはでもマウスを利用する方は多いと思います。
それは、トラックパッド自体が使いにくくマウスのが操作性が高かったからです。
しかし近年、MacBookの登場からトラックパッド自体の操作性が格段に向上しました。
Appleが打ち出している”感覚での操作”を追求してきた結果でしょう。
WindowsとMac OSではショートカットやキーボードの配列は多少異なりますが、
最新のパソコンではどちらもマウスがいらないくらい使いやすくなりました。
私もノートパソコンを操作する際にはマウスを持たなくなり、持ち運びの際にも楽になった印象があります。
どちらも使い分けておりますが、”どちらが感覚的に操作できるか”という点については
Macのが心地良い操作は可能だと思います。



『結果的にどっちがいいの?』


結論、、!!



これは好みでしょう。!

当店ではどちらのパソコンも豊富に取り揃えておりますので、一度操作してみてください。
また、わからないことは何でもスタッフにお声掛けいただければ丁寧にご対応させていただきます!




↓NEXT
お問い合わせ

Contactお問い合わせ

PC堂へのお問い合わせ、
各種サービスのご依頼は専用のお問い合わせフォームより
受け付けております。

お問い合わせ